鍼灸(しんきゅう)治療

針 針

鍼灸治療とは古来より広く慣れ親しまれてきた治療法の一つで、鍼・灸を用いて人が潜在的に持っている、気の流れの歪みを調整する事で自然治癒力(自らが病気・未病を治そうとする働き)を高める事が出来る。

それゆえに、繊細でどれだけ四診(望・聞・問・切の診断法)を用いて体の声が聞けるかで、その根源はどこから起因するものなのかをつきとめ、根本的な治療が出来るので、さまざまな疾患・症状の改善は勿論の事、疲労回復・ストレス改善・健康管理などの目的に効果の高い治療法です。

気の流れの歪みを調整する為には、基本的に五行説を用いて行います。

五行説

鍼灸治療の流れ

四診を行い、また運動器疾患の場合には整形外科的検査等を行った上で、外科的なものから起因するものか、内科的・婦人科的・精神的なものから起因するものなのかを判断し、両面からのアプローチを行います。

鍼灸治療には即効性があります

左手 右手

(火)心・小腸

(木)肝・胆

(水)腎・膀胱

肺・大腸(金)

脾・胃(土)

心包・三焦(相火)

腰が痛いからと言って、ただ痛い部位にのみ施術を行うのでは、根本的治療とは言えません。

その腰痛が何故起きているのか、何処から来ているものなのかをしっかり把握した上で施術を行う事が大切です。

当院でも最近は内科的疾患・婦人科的疾患・精神的疾患で来院される方が多くなり、腰痛・肩こり・背部痛などの関連痛を伴うものがほとんどで、それらの痛みに対して根本的治療を行う事でかなり効果が期待出来ます。

当院で使用する鍼

衛生面を考慮し、デイスポの使い捨て鍼を使用しているのでご安心下さい。

痛みを伴わない独特の刺法を用いて、優しい施術により刺激に過敏な方でも安心して施術を受けて頂けるのは勿論の事、折鍼・抜鍼困難などの危険性も無いような施術を心がけております。

針山のように多くの鍼を用いて施術を行うのでは無く、多くの臨床例により、当院では一本一本の鍼を丁寧に施鍼し、それらの鍼の反応を観ていく事により、少数穴によって効果を最大限に引き出せるよう心がけております。(ごまかしの効かない施術)

針

鍼灸治療が効果を示す症状

運動器系に起因する症状

スポーツ

当院の患者様の多くは、スポーツ傷害が多く特に運動動作時の痛み(投球時・ジャンプ動作回旋動作時・切り替えし動作時等)などが中心で、これらの根源は何処なのかを考え、局所ならびに痛みを誘発する根源となる筋肉の緊張を弛緩をさせ、弱い部分においては緊張を引き出したりし、全体のバランスを整えながら治療を行っております。

例えば、腰が痛くて来院される場合でも、腰椎分離症・腰椎辷り症・脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア等の疾患の方もいれば、整形外科を受診するが、レントゲン上で特に問題は無いと言われて、当院を受診される方も多数おられます。

原因無くして痛みが誘発することは考えられません。

そのような場合でも、姿勢・下肢の筋力低下・日常の生活動作・筋肉のバランス・腰下肢の循環障害等が必ず在るはずです。

こういう場合に威力を発揮する治療方法の中の1つが鍼灸治療です。

また、鍼灸治療には即効性のあるものもあり、治療を行う上では有効な治療方法の1つだと思います。

婦人科疾患・内科疾患・心療内科/精神科疾患等にも鍼灸治療は効果的です

スポーツ

腰痛に関して言うならば、運動器系に起因するものだけでは無く、随伴症状を伴って出現するのが一般的です。

例えば、女性のトップアスリートが来院されることが多く、また、チームに帯同することから、女性特有の婦人科疾患である機能性(原発性)月経困難症・器質性(続発性)月経困難症・エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌異常に起因する、更年期障害に類似にした症状に出くわす機会もあり、これらに対する治療も多数行っています。そのことから婦人科疾患で来院される患者様にも、信頼とともに治療効果も満足頂いております。

機能性(原発性)月経困難症

プロスタグランジンの過剰分泌

器質的(身体的)原因はない

症状

月経前~月経時痛・頭痛・悪心・倦怠感・排便時出血・腰痛(月経後軽快する)

器質性(続発性)月経困難症

器質的(身体的)原因がある(子宮筋腫・子宮内膜症など)

症状

月経時痛・排便時痛・性交痛・不正出血・不妊(~30%)・腰痛(仙骨部結合織にあれば、月経時以外でも痛みある。)

更年期障害

エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌異常

症状

のぼせ・冷え・めまい・耳鳴り・イライラ・腰痛・背部痛・不眠・動悸・しびれ・うつ状態など

腰痛を引き起こす内科的疾患

循環器疾患

解離性大動脈瘤

突然起こる激烈な体幹部の痛みで発症。

解離が腹部に及ぶと腹痛、腰痛を起こします。

狭心症、心筋梗塞

一般には前胸部で発症。

背部への放散痛を伴うことがあります。

消化器疾患

急性膵炎

激烈な上腹部痛、背部痛で発症。

胆石、アルコール多飲などの基礎疾患、誘因をもつものが多いです。

胃潰瘍、十二指潰瘍

上腹部痛で発症。

十二指潰瘍では、「胃の裏側で痛む」といった背部への放散痛を訴えるものも多いです。

腎、尿路疾患

胃潰瘍、十二指潰瘍

腎盂腎炎

高熱、悪寒、腰痛で発症。排尿痛、頻尿

腎膿瘍、腎周囲炎

腎結核

結核の既往、他部位からの感染の波及。膿尿、血尿を伴います。

嚢胞腎、腎腫瘍

腫瘤の融知

腎動脈塞栓、腎静脈血栓

腫瘤の融知

その他

IgA腎症

側腹部痛

転移性骨腫瘍

前立腺癌、甲状腺癌、消化器癌、肺癌

強直性脊椎炎、脊椎カリエス、化膿性脊椎炎

     

鍼灸

腰痛を引き起こす神経内科・精神科疾患

  • うつ病
  • パニック障害
  • 全般性不安障害(GAD)
  • 社会不安障害(SAD)

上記以外にも膝関節・肩関節痛・頚腕症候群・頭痛等の疾患に対しても鍼灸治療は効果的です。

当院では、自費治療とは別に健康保険による鍼灸治療も行っています。

保険治療をご希望の方はご相談ください。 

健康保険で鍼灸治療を受けられる疾患

  • 神経痛
  • リウマチ
  • 五十肩
  • 頚腕症候群(首・肩・腕に痛みやしびれ感をおこす病気の総称)
  • 腰痛症
  • 頚椎捻挫後遺症(むち打ちなど)
  • 1部の関節痛

上記疾患で医師の治療を受けておられない方は、医療機関を紹介する事も可能です。

保険で鍼灸治療を受けるには、受診されている医師の同意書が必要です。

同意書の用紙は当院にありますので、ご希望の方はお申し出で下さい。