トレーニング用語集

メタボリックシンドローム

“過食“と“運動不足”による内臓脂肪蓄積が、血糖、血圧を上昇させ、脂質代謝異常を引き起こし、心臓病や脳卒中などの動脈硬化性疾患をまねきやすい複合病態のことです。

内臓脂肪蓄積に加えて、空腹時血糖や血清脂質(HDLコレステロールと中性脂肪)、血圧が一定以上の値を示している場合を、「メタボリックシンドローム」と呼ばれます。

メタボリックシンドロームの診断基準は・・・?

☆印に加え①~③の2項目以上にあてはまる方が『メタボリックシンドローム』!

☆ウェスト周囲径(おへその高さ)が男性85cm女性90cm(内臓脂肪断面積100c㎡)を超える。

  1. 高血糖(空腹時血糖110ml/dl)
  2. 脂質代謝異常(トリグリセリド150ml/dlまたは、HDLコレステロール値40mg/dL未満)
  3. 高血圧(最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上)

健康運動指導士

健康運動指導士とは、保健医療関係者と連携しつつ安全で効果的な運動を実施するための運動プログラム作成及び実践指導計画の調整等を行う役割を担う者をいいます。

昭和63年から厚生大臣の認定事業として、生涯を通じた国民の健康づくりに寄与する目的(生活習慣病を予防し、健康水準を保持・増進する)で創設され、平成18年度から財団法人健康・体力づくり事業財団管轄下。

健康運動実践指導者

健康づくりのための運動指導者に与えられる称号の一つで、医学的基礎知識、運動生理学の知識、健康づくりのための運動指導の知識・技能等を持ち、健康づくりを目的として作成された運動プログラムに基づいて、実践指導を行うことが出来ると認められた方に与えられます。

平成元年から厚生大臣の認定事業として、生涯を通じた国民の健康づくりに寄与する目的(生活習慣病を予防し、健康水準を保持・増進する)で創設され、平成18年度から財団法人健康・体力づくり事業財団管轄下。

ストレングス&コンディショニングトレーニング

ストレングスとは、“筋力”・“パワー”・“筋持久力”・“スピード”・“バランス”・“コーディネーション”などの筋機能が関わる全ての体力要素に不可欠な能力。

単に力発揮の大きさを表すだけでなく、状況に応じて適切に筋活動をコントロールするための『神経―筋系全体の能力』と定義されます。

コンディショニングとは、スポーツパフォーマンスを最大限に高めるために、筋力やパワーを向上させつつ、柔軟性、全身持久力などの競技パフォーマンスに関する全ての要素をトレーニングし、身体的な準備を整えることです。

また、一般の人々にとっては快適な日常生活を送るために筋力や柔軟性、全身持久力をはじめとする種々の体力要素を総合的に調整すること。

ピリオダイゼーション

目的・目標に対し、体力レベル・パフォーマンスレベルをピークに到達させるために、トレーニングを準備期・試合期・移行期によってトレーニングの種類や強度・回数や専門性などに変化を持たせて行なう。

オーバートレーニングを回避することや、同じトレーニングによる適応の停滞を防ぐこと、各期に課す体力要素の課題を限定することでより大きなトレーニング効果を期待するために実施される。

NSCA-CPT<NSCA Certified Personal Trainer> (全米ストレングス&コンディショニングトレーニング協会認定パーソナルトレーナー)

お客様のニーズに合わせて個別に対応し、体力評価、動機付け、教育、トレーニング指導を行う専門的能力をもつ人材を認定する資格。

トレーニングの知識に加え、医学的、運動生理学的な専門知識と指導技術が必要とされます。

パーソナルトレーナーのほか、フィットネスインストラクターやスポーツ指導者などがこの資格を取得しています。

全世界では9,300名以上、日本では約2,000名のNSCA-CPTが活躍しています(2007年現在)。

CSCS<Certified Strength & Conditioning Specialist> (全米ストレングス&コンディショニングトレーニング協会認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)

傷害予防とスポーツパフォーマンス向上を目的とした、安全で効果的なトレーニングプログラムを計画・実行する知識と技能を有する人材を認定する資格。

指導対象は主にアスリート。ストレングスコーチ、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、医師、フィットネスインストラクター、研究者などがCSCSの資格を取得しています。

全世界で22,000名以上、日本では約700名のCSCS認定者が活躍しています(2007年現在)。

JATI-ATI(日本トレーニング指導者協会認定トレーニングインストラクター)

対象や目的に応じて、科学的根拠に基づく適切な運動プログラムを作成・指導するために必要な知識を習得したと認められた方に授与されます。

スポーツ選手や一般人を対象としたトレーニング指導の専門家として活動するための資格

InBody(イン・ボディ)

高精度体組成計。

市販されている体組成計よりも多くの周波数を使用し、より精度の高い計測値が実現。

  1. 骨格筋量(左右の腕・左右の脚・体幹それぞれが見られます)
  2. 体脂肪量・体脂肪率・BMI
  3. 内臓脂肪断面積
  4. 基礎代謝量などを測定。

基礎代謝量

ヒトが生きていく上で必要な、最少のエネルギー消費量のこと。

年齢、体格、身体組成などに影響を受ける。

THCでは、InBodyにて計測しています。